スマートフォンで音声を綺麗に撮影する方法 -SHURE MV5 デジタル・コンデンサー・マイクロホン-

先日、同じようなテーマで、
スマートフォンで音声を綺麗に撮影する方法 -Airpods編- を動画でご紹介させていただきました。記事はこちら
今回はもう少し簡単に操作できる、マイクをご紹介いたします。

その名も、

SHURE MV5 デジタル・コンデンサー・マイクロホン

 

商品の詳しい情報はこちら

距離が離れていても、マイクの向け方次第で良質な音を拾うことが可能です。
スマートフォンの機種にもよるにかもしれませんが、スマートフォンに内臓されているマイクのほとんどが、カメラのレンズの方向に向いているわけではありません。
そのため、本来拾いたい被写体からの音声をうまく拾えず、雑音が入ったりしたことはありませんでしょうか?

 

SHURE MV5 デジタル・コンデンサー・マイクロホンは、スマートフォンやパソコンに直接つなぐマイクでスタジオ録音レベルのレコーディングが可能です。

音質はぜひ、UMUで検証した動画をご確認ください。

 

マイクロラーニングとは、質の高いコンテンツをスピーディーにアウトプットしていくことが重要です。
もちろん撮影した動画を編集ソフトでじっくり編集してアウトプットすることもありです。

 

しかし、なるべく撮影の時に、良い素材で撮ることができれば、編集の時は最低限の加工だけで良いので、とても時短になります。
少しでも、質の良い内容のコンテンツをデザインすることに時間を優先してはいかがでしょうか。

 

音は、コンテンツを見る側からしたら、聞こえづらいや、割れているなど、少しでもユーザーが気にしてしまうと、学習どころではありません。
『何話してるのかなぁ?』
『聞き取りずらいなぁ』
動画を見ている時間はこのことで、頭がいっぱいです。
ユーザーにそんな思いはしてほしくない、学習をしてほしいですね?

 

様々な方法で、質の良いコンテンツをよりスピーディーに仕上げることができるかと思いますが、UMUからは、『SHURE MV5 デジタル・コンデンサー・マイクロホン』をご紹介させていただきました。
今後もUMUを使ってくださる皆さまがより良いコンテンツを配信できるよう、情報を配信いたします。

 

あ!ちなみに、私たちは SHURE MV5 デジタル・コンデンサー・マイクロホンの販売員ではありません!笑。ただ、本当に素敵な商品だと思いました。

 

UMUは、「教える」「学ぶ」「実践する」 そして、パフォーマンスを向上させるために革新的な機能とサービスを提供し続けております。

「ラーニングテクノロジー」、「パフォーマンスラーニング」にご興味がある方は、ぜひcs@umu.coまでお問い合わせください。

AIをベースとしたパフォーマンスラーニングプラットフォームーUMU

これからもぜひご期待ください!

新着情報一覧に戻る