【UMU活用レベル6】トレーニングプラットフォームではなく「ラーニングプラットフォーム」の提供

すべての学習シーンをカバーできるUMUだからこそ、その活用シーンや活用方法も様々。「もっと効果的にUMUを活用したい!」「他の企業がどのように活用しているのか知りたい!」といったお声をたくさんいただいております。
そこで実際にお客様の活用方法を見させていただいているUMUメンバーが、UMU活用段階を6つに分けてまとめました。
《過去記事》
【UMU活用チェック】6つのレベルでUMUを有効活用!
【UMU活用レベル1】集合研修をインタラクティブに!
【UMU活用レベル2】オンライン集合型研修に双方向性を取り入れる
【UMU活用レベル3】研修の事前/事後を充実させる!
【UMU活用レベル4】パフォーマンスラーニングプログラムの提供
【UMU活用レベル5】ブレンディッドラーニングプログラムの提供

本記事ではUMUの6つの活用段階の「レベル6」についてご紹介いたします。

【レベル6とは?】

レベル6は、トレーニングプラットフォームではなく「ラーニングプラットフォームの提供」という活用段階です。
学習者が自由に選択して利用できるラーニングプラットフォームが完成しているだけでなく、誰もがコースやコンテンツを作成して発信できる環境の提供となります。具体例としては、営業ロールプレイングコンテストや経理理念浸透化プロジェクト、小集団活動の発表会、商品説明・現場ロープレ実践、ノウハウコンテストなどの提供です。

【チェック項目と実践例】

6-1: 受講生が主体的に学びの機会を作り出すことができている
・仕事に直結する学習の設計
・講師だけでなく誰もがコースやコンテンツを作成し、自分の持っているノウハウ、知識をシェア
・効果的なコンテンツによって学習者を引きつけ、動機づけをする
・ロールプレイング実践大会など現場の実践が行われ、そのナレッジが共有され、例えば新入社員向けコンテンツとして再利用
6-2: 組織としての学習を設計し、ファシリテートできている
・効果的なコンテンツをキュレーションして提供
・現場の実践が多く共有されるように促進
・個々の受講生に合った学習ができるよう、学習の選択肢を提供
6-3:インフォーマルラーニングを促進できている
・ストック型(蓄積することで価値を持つコンテンツのような知識型)の学習だけでなく、フロー型(時間とともに価値が劣化する情報型)の学習を提供
・ラーニングコミュニティの生成
・現場にあるノウハウを受講生同士で学び合う環境の提供

【UMUのソリューション】

レベル6についてより理解を深めていただくために、UMUでは以下のソリューションをご用意しております。
▶︎事例資料
UMUカスタマーサクセスまでメール(cs@umu.co)にてお問い合わせください。
▶︎UMUの運用方法
①スタッフ向けUMU基本操作・コンテンツ作成勉強会
②管理者向け受講生データを分析・活用
UMU営業担当者またはお問い合わせフォーム(https://umujapan.co.jp/contact/)よりお気軽にお問い合わせください
▶︎効果的なラーニングプラットフォームの設計要素
下記3つの要素について、レベル5に併せて、ブレンディッドラーニングファシリテーター養成講座にて習得が可能です(通年)。
詳細は下記日本フューチャーラーナーズ協会のホームページをご確認ください。
①Adaptive Learningとは
②キュレーションの基本と著作権
③エンゲージメントを高める方法
https://japan-future-learners.or.jp/blended/

資料のご希望、また、ご不明なことがございましたらお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私達UMUは、企業様向けに研修のオンライン化やリモート学習の無料相談会を毎日実施しております。
また、私達UMUは常に最先端のテクノロジーと学習情報をアップデートしておりますので、お困りごとや、追加で必要な情報のご要望などございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。
▼UMUオフィシャルウェブサイト
https://umujapan.co.jp/
▼各種お問い合わせフォーム
https://umujapan.co.jp/contact/
▼無料相談会の予約ページ
https://umucs.youcanbook.me

新着情報一覧に戻る