好印象を勝ち取るオンライン面接のコツ!マナーや注意点を徹底解説!

「オンライン面接は服装などのマナーがある?」「どんな準備をして何分前に入室すればいい?」とお悩みの人もいるでしょう。

オンライン面接と対面面接では、基本的なマナーはほとんど変わらないものの、気をつけるポイントがあります。

 

今回はオンライン面接のマナーや注意点、事前準備まで徹底解説!

企業がオンライン面接で人材を見極める方法も紹介しているので、オンライン面接を攻略したいなら、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン面接(Web面接)とは?対面の面接との違い


オンライン面接は、Web会議ツールを使ってオンライン上で行う面接です。

パソコンやスマホがあれば離れた場所でも面接ができるため、感染症対策の観点から注目を浴びています。

 

人柄や雰囲気が分かる対面面接を重視している企業もありますが、働き方改革が進み、テレワーク化が一般化しているため、今後ますますオンライン面接の需要は高まるでしょう。

オンライン面接と対面面接の大きな違いは、移動時間や待ち時間です。

 

オンライン面接は会場に移動する必要がなく、面接の順番を待つ必要もありません。

オンライン面接も対面面接と同様にビデオをオンにした状態で、印象をチェックされるため、マナーや服装については特段違う点はないと言えるでしょう。

オンライン面接で使われるツール

オンライン面接で使われるツールは次の3つが一般的です。

 

  • Skype
  • Google Meet
  • zoom

 

どのツールも導入は無料なので、初期コストを抑えることができます。

とくにzoomはさまざまなブラウザに対応しているため、オンライン面接で使われるケースが多いツール。

 

オンラインミーティングを行ったことがない場合、アプリをインストールして友人とリモートで会話してみるのがおすすめです。

オンライン面接までに使い慣れておくと、本番での緊張が少しほぐれるでしょう。

オンラインの就活面接の流れ

オンライン就活面接の流れは次のとおりです。

 

  • 会議URLにアクセスする
  • ホスト(企業)が入室を許可した時点で通話状態になる
  • ビデオと音声がオンになっていることを確認し、挨拶する
  • 面接を行う
  • 面接が終了したら挨拶をして、相手が退室してから退室する

 

面接開始時間前にホストが入室を許可した場合や、面接に参加する人が集まるまで面接が開始されない場合、緊張をほぐすため会話を振られることもあります。

会話を持ちかけられたら丁寧に対応し、面接スタートと同時に挨拶をしましょう。

 

また面接が終了したら「どうぞ退室してください」と退室を促されるケースがあります。

そういった場合は、「本日はありがとうございました。失礼いたします」とお礼を言って、お辞儀をしてから退室しましょう。

 

\ 無料ダウンロードはこちらから/

オンライン面接の利点と欠点は?地方出身者にメリットがある


遠方からでも移動せずに参加できるオンライン面接はメリットも多いですが、実はデメリットもあります。

ここからはオンライン面接のメリットとデメリットを紹介するので、事前に把握しておきましょう。

オンライン面接のメリット

オンライン面接のメリットは次の3つです。

 

  • 移動が必要ないのでスケジュールが合わせやすい
  • 気軽に応募できる
  • 録画して振り返りができる

 

面接先の企業から遠い場所に住んでいても、オンライン面接であれば移動する必要がありません。

交通費の負担もないため、気軽に応募して、複数社の面接を1日で受けることも可能でしょう。

 

またWeb会議ツールには録画ボタンがあるので、録画して面接を見直せば、振り返りや反省もできます。

オンライン面接のデメリット

オンライン面接のデメリットは次の2つです。

 

  • 通信環境が悪いとノイズが入ったりフリーズしたりする
  • 場の雰囲気が掴めないことがある

 

オンライン面接はWi-Fiの通信環境が悪いとノイズが入ったり、フリーズしたりなど、相手の話が聞き取れないケースがあります。

面接中に何度も中断すると、相手に悪い印象を与える可能性もあるでしょう。

 

また相手側の雰囲気が分からないため、どのようなテンションで話せばいいのか分からないというデメリットも。

雰囲気が分からなくても、笑顔でハキハキ話すように心がけると、好印象につながります。

オンライン面接の服装は?対面とあまり変わらない!


オンライン面接の服装や髪型など、気になる見た目のマナーについて解説します。

オンライン面接のマナーは対面面接とあまり違いがありません。

 

しかし、細かい部分で注意した方がいいポイントもあるので、ぜひチェックしてみてください!

服装はスーツが一般的!

面接会場に行かないとはいえ、オンライン面接もスーツで参加するのが一般的です。

受ける企業によっては「私服で」「ラフな格好で」と言われることがあるかもしれませんが、何も言われなかった場合はスーツを選べば間違いないでしょう。

 

スーツは「ビジネスマンの制服」と言われるほど、仕事のイメージが強い服装です。

やる気や誠実さをアピールするためにも、スーツで挑むのがベストでしょう。

マスクは外してもOK!

オンライン面接は対面面接と違い、実際に人と会うわけではないので、マスクは外してもOKです。

むしろマスクをしていると、次のようなマイナス印象を与えてしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

  • 表情が伝わりにくい
  • 大きな声で話さないと聞こえない

 

心配になったら事前にマスクの着用について質問しておきましょう。

また手元に用意しておくと、安心してオンライン面接にのぞめます。

メイク・髪型は清潔感を意識しよう!

メイクや髪型も対面面接と同様に、清潔感を意識しましょう。

髪型は男性ならスッキリと短く、髪の長い女性は結ぶなど、顔がよく見える髪型がおすすめです。

 

メイクはナチュラルに、顔が明るく見えるように意識してください。

ただし、実際に会うのと画面越しで会話するのとでは、相手に与える印象が違うので注意が必要。

 

たとえば、ナチュラルすぎるとすっぴんに見えてしまったり、色味を使いすぎると濃く見えたりする可能性があるからです。

ほとんどのWeb会議ツールでは、接続チェックとしてビデオ画面の確認が可能。

 

本番に挑む前に、服装とメイクを整えた状態で印象を確認してみてください。

オンライン面接のマナーや注意点!細かい気遣いが大事


オンライン面接のマナーで注意すべき点は次の3つです。

 

  • 背景はスッキリと!照明(ライト)を使うとより好印象に
  • オンライン面接は何分前に入室するべき?
  • オンライン面接では目線をカメラへ向けよう

 

ではそれぞれの注意点について、詳しく見ていきましょう。

背景はスッキリと!照明(ライト)を使うとより好印象に

オンライン面接は自室で行う人が多いですが、デスクにパソコンやスマホを置いて面接を受ける場合、背景がどうなっているのかを確認するのがおすすめです。

片付いていない状態の部屋が映ったり、ポスターが貼ってある壁が映ったりすると、相手が面接に集中できない可能性があります。

 

そのため、オンライン面談を受けるときは、できるだけ無地の壁が背景になるように画角を調整しましょう。

オンライン面接は何分前に入室するべき?

相手から入室時間の指定がなかった場合、10分前には入室しておくと安心です。

自分がミーティングルームに入室すると、相手(ホスト)に入室の可否を求める通知が届きます。

 

そのため、面接のギリギリに入室すると「時間ギリギリで行動する人」というイメージを持たれる可能性が。

早く入室しても相手が許可を出すまでは音声や映像が相手に届くことはないので、10分前の入室を心がけるのがおすすめです。

オンライン面接では目線をカメラへ向けよう

オンライン面接で自分が話すときは、目線を画面ではなくカメラに向けるのがおすすめです。

相手の映像が映っている画面とカメラの位置は違うため、画面を見て話すと目を逸らしているように見えてしまいます。

 

終始カメラを見ると相手の表情が全く読み取れないため、自分が話しているときだけカメラを見て話すと、「目を見て話してくれる」という印象を与えられるでしょう。

オンライン面接の事前準備!必要な機器とは?


オンライン面接は事前に次のような準備をしておくのがおすすめです。

 

  • イヤホンやヘッドセットがあるとノイズが少ない
  • マイクとカメラは事前にチェックしておこう!

 

事前準備をしっかりしておかないと、面接の際に悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

準備万端で本番を迎えて、スムーズに面接を進めましょう。

イヤホンやヘッドセットがあるとノイズが少ない

面接の際に余計な音が入らないようにするために、イヤホンやヘッドセットを使うのがおすすめです。

ノイズや周りの音が相手に聞こえてしまうと、せっかく話した内容が聞き取ってもらいづらくなる可能性があるでしょう。

 

イヤホンやヘッドセットがあると相手の声が聞き取りやすく、自分の声も相手に鮮明に聞こえます。

何度も聞き返す事態を防ぐためにも、イヤホンやヘッドセットは事前に準備しておきましょう。

マイクとカメラは事前にチェックしておこう!

オンライン面接でよくあるのが、マイクやカメラがオンになっていないトラブルです。

オンオフの切り替えで対応できるケースもありますが、Web会議ツールにマイクやカメラが認識されていない状態だと、オンにしても相手に映像や音声が届かない可能性が。

 

面接中のトラブルは時間をロスするだけでなく、相手に「しっかり準備ができていない」という印象を与えてしまいます。

事前に指定されたWeb会議ツールを起動し、きちんとマイクとカメラが機能しているか、動作確認を行いましょう。

【企業向け】オンライン面接で人材を見極めるポイント


企業がオンライン面接で人材を見極めるポイントは次の3つです。

 

  • やり取りよりも会話の内容に着目する
  • 評価基準の共有を徹底する
  • 会話のキャッチボールをしようと考えないようにする

 

対面面接では人柄や話し方によって印象が大きく左右されます。

しかし、オンライン面接ではスムーズな会話のキャッチボールが難しいため、会話の雰囲気で相手を判断しないのが得策です。

 

質問を投げかけたら、相手の話を聞くことに専念し、話の内容で経験やスキルを判断しましょう。

また面接官によって評価の方法にムラが出ないよう、評価基準を設定するのがおすすめです。

 

より適切な人材を採用するためのオンライン面接を行いたいと考えているなら、こちらのレポートをダウンロードしてみてください。

大手企業の取り組み事例などを参考に、採用活動をより良いものにしていきましょう!

 

\ 無料ダウンロードはこちらから/

 

まとめ:オンライン面接は準備次第で好印象を勝ち取れる!


「好印象に見えるような対策を行う」という点では、オンライン面接のマナーは対面面接と比べて大きな違いはありません。

しかし、オンライン面接は通信環境や設定によってトラブルが発生しやすいので、事前準備とチェックを怠らないようにしましょう。

 

また背景や目線など、細かい部分まで配慮すると、ほかの参加者との差別化を図れます。

印象に残るためにも、できることを最大限に行って、オンライン面接に挑みましょう!

UMUコラム一覧に戻る