オンライン研修の設計Tipsと成功事例

研修オンライン化のお悩みとは?

今年度の新人研修は、多くの企業様が急遽オンラインで実施することとなりました。そのような中で、通常のリアル研修の設計のまま「とりあえず」Web会議システム等を使用して実施された研修は少なくないかと思います。
効果的な研修を実施するためには、どのような学習設計を意識すれば良いのでしょうか。

本記事ではオンライン研修の設計についてお悩みをお持ちの皆様に、UMUからのTipsや、UMUで研修のオンライン化を大成功させた企業様の事例をご紹介いたします!

 

UMUからのTIPS

研修をオンライン化する上で、オンライン型のブレンディッドラーニングの設計(新しいフォーマット)はおすすめです。

なぜ新しいフォーマットが重要か?

1)集中力・健康の問題:オンラインだけでは限界がある
2)エンゲージメント:オンラインコミュニティーは熱がないと続かない
3)ガイドが大切:オンラインになるとガイドがより一層大切になる
4)アダプティブであること
・個人の習熟度に合わせている
・新人といえども、全員同じスタートラインでない
5)学習行動/成果のデータ蓄積が可能:集合研修との違いは、これをすることによってデータを取ることができる(誰がどれくらいやっているのか)

オンライン型のブレンディッドラーニングは以下3つの要素を組み合わせ

1)ライブストリーミング/ZOOM:同じ時間・違う場所
2)セルフペースラーニング:違う時間・違う場所
3)オンライングループワーク:同じ時間・違う場所
「標準」と「パーソナライズされた学び」との組み合わせ

3つの要素、あるいは学習のシーンを効果的な組み合わせることで、オンライン形のブレクラーニングの設計ができます。

オンライン化の成功事例

パナソニック株式会社様

また、コロナ渦においても「人に寄り添う」学びを諦めず、1カ月のスピードでUMUを導入し、1000名の新入社員を迎えたパナソニック株式会社様の事例をご紹介いたします。
この短期間で、パナソニック様らしい「人に寄り添う」研修プログラムを実施するには、一体どのように柔軟な学びの設計をされたのでしょうか。
ポイントはインタラクティブ性とオンラインだからこそできることを重視されたとのことです。

事例インタビュー記事はこちら

 

「真に効果的な研修設計とは?-実利的オンライン研修へのロードマップ-」ワークショップについて

上記企業様のように研修のオンライン化を成功させたいご担当者様へ。
弊社で大人気の以下「真に効果的な研修設計とは?-実利的オンライン研修へのロードマップ-」のワークショップをご紹介させていただきます。

新型コロナウイルスの流行により、研修の見直しが求められるようになりました。
ウィズコロナ、アフターコロナで真に求められる研修とはどのようなものか。
そもそも従来の集合型研修には、本当に効果があったのか。
研修をオンラインに移行する際の設計のポイントとはどのようなものか。

このような点について、みなさまと一緒に考えるためのワークショップをご用意致しました。
株式会社インストラクショナルデザイン代表、中原孝子先生にご登壇いただきます。

【こんな方におすすめ】

■ オンラインでの研修に限界を感じている方
■ 従来の集合型研修をオンラインに移行する必要性を感じている方
■ 効果的な研修の設計方法を学びたい方 

【ワークショップの開催詳細】

日程:

12月開催
12月2日(水)10:00-13:00
12月9日(水)10:00-13:00

参加方法:ZOOM
定員:各回15名
参加費用:キャンペーン価格 4万円(税別)
         (通常価格 5万円)
お支払い方法:別途ご請求書をお送り致します。ご参加前のご入金を基本としておりますが、難しい場合はご相談くださいませ。

12月開催分の参加お申し込みはこちらよりお願い致します。

 


私達UMUは、企業様向けに研修のオンライン化やリモート学習の無料相談会を毎日実施しております。

また、常に最先端のテクノロジーと学習情報をアップデートしておりますので、お困りごとや、追加で必要な情報のご要望などございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

▼UMUオフィシャルウェブサイト

https://umujapan.co.jp/

▼各種お問い合わせフォーム

https://umujapan.co.jp/contact/

▼無料相談会の予約ページ

https://umucs.youcanbook.me

 

新着情報一覧に戻る