人材管理とは?社員をマネジメントするメリット&方法

人材管理とはただ単に人材を採用、配属することではありません。

では人材管理とはどんな意味を持つのか、また人材管理を行うメリットは何なのか、とくに人事を担当している方は気になるでしょう。

 

そこで今回は人材管理を行うメリットや具体的な方法を詳しく解説します。

人材管理におすすめなクラウドシステムについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

人材管理は企業の業績アップにもつながります。

人材を採用するだけでなく、きちんと管理し、即戦力になる人材を増やしていきましょう。

人材管理とは?人材の育成も含まれる!

人材管理は人材を採用したり配置したりするイメージがあるかもしれませんが、管理だけが仕事ではありません。

では人材管理にはどんな仕事が含まれるのか、人材管理と人事・労務にはどんな違いがあるのかを詳しく見ていきましょう。

人材管理(タレント・人材マネジメント)とは?

人材管理とは自社の経営理念や戦略を理解した上で、自社の目標達成を目指すための人材採用・配置を行うことです。

しかし人材管理は人材を配置するだけでなく、採用した人材を育成するのも仕事の一つ。

 

採用した新入社員や中途採用社員の研修・教育はもちろん、評価制度の見直しなど、企画から社内制度の改変まで担うこともあるため、人材管理の仕事は多岐に渡ります。

人材の採用から育成まで幅広く行うことから、「タレントマネジメント」「人材マネジメント」と呼ばれることもあるでしょう。

人材管理と人事・労務は違いがある!

人材管理と人事・労務の大きな違いは、その目的にあります。

人材管理は自社の目標を達成するため人材採用と育成が目的なのに対し、人事は人材の採用や配置、労務は福利厚生や給与計算などが目的です。

 

つまり、人事や労務は人材管理のプロセスの一部と考えられるでしょう。

達成すべき目標は企業によって違います。

 

そのため人材管理の業務も企業によって全く違うこともあるでしょう。

人材管理を行うメリット!企業にも社員にも利点がある

人材管理を行うメリットはおもに以下の3つです。

 

  • 個人のスキルや適性に合った部署に社員を配属できる
  • 企業としてチームワークが生まれる
  • 社員のモチベーションアップ

 

人材管理で採用した社員を育成すれば、個人の適性や得意分野または苦手分野なども明確になるでしょう。

そのため、より適切な人材配置が実現します。

 

また自社の理念や目標をしっかりと社員に共有できれば、同じベクトルに向けて一丸となって業務に取り組むことがで可能。

社員が同じゴールを目指すことは、社内のコミュニケーション活性化にもつながります。

 

コミュニケーションが増えれば、業務の効率アップや離職率低下も目指せるでしょう。

さらに人材管理で適切な評価制度を構築すれば、社員の不満を減らすことができ、モチベーション向上効果も期待できます。

人材管理を行う方法とは?5ステップで行う

人材管理を行う際は、段階を踏んで行うのがおすすめです。

おもに以下の5つのステップで進めると、スムーズに人材管理を行うことができるでしょう。

 

  1. 企業の目標・課題を明確にして必要な人物像を定める
  2. 人材を配置する
  3. 人材育成に取り組む
  4. 適切に評価し必要なら配置転換する
  5. 報酬の体制を整える

 

また人材管理は一度で終わらせたり、短期間で終了するのではなく、この5つのステップを何度も繰り返して行うのがおすすめです。

自社の目標を達成するため、柔軟に人材管理に取り組んでいきましょう。

企業の目標・課題を明確にして必要な人物像を定める

人材管理を行う上でもっとも大切なのが、自社についてきちんと理解し、目標を明確にすることです。

そのためにまずは企業理念に沿った経営計画を立てましょう。

 

経営計画を立てたら企業としてのゴール、社員個人としてのゴールを明確にします。

続いて現在の自社の人材や業績を把握しておきましょう。

 

すると自社の課題が自然と見えてきます。

自社の目標決定、問題分析が完了したら、自社の目標のためにどんな人材が必要か、現在の社内に足りないのはスキルかを洗い出していきましょう。

 

研修などの社員教育で足りない部分を補えるのであれば教育面に力を入れ、全く違う分野や新しいスキルが必要な場合は新たな人材の採用を検討する必要があります。

人材を配置する

自社の目標や目標を達成するための社員像を明確にし、新たな人材を採用する場合は採用する人材の人数を決定しましょう。

また社内の部署ごとに適した人材はどんな人物なのか、何人配置する必要があるのかを同時に明確にします。

 

部署ごとに必要な人物像や人材の数を決定したら、適切な部署に人材を配置しましょう。

新たに人材を採用した場合も同様に、適切な部署に人材を配置します。

人材育成に取り組む

人材を適所に配置したら自社の目標を達成するためのスキル、不足しているスキルを身につけるための場を設けます。

人材を育成するための方法は以下のようなものが一般的です。

 

  • 集団研修
  • OJT
  • OFF-JT(eラーニング)
  • メンター(コーチング)制度

 

育成方法については部署や人材に合わせて変えたり、組み合わせたりしていくのがおすすめ。

最近では感染症予防の観点から実際に顔を合わせる集団研修が難しくなってきているので、座学をeラーニングで行い、実務をOJTで行う企業も増えています。

適切に評価し必要なら配置転換する

人材を配置し、育成するための教育の場を設けて一定の期間を経たら適切な評価を行いましょう。

教育の成果はもちろん、社員の成長を加味した上で評価を行います。

 

この時点で必要であれば人材の配置転換を行いましょう。

また配置計画を立てたときに不足している人材がある場合は採用計画を、必要なスキルが見つかったら新たな教育計画を立てる必要があります。

報酬の体制を整える

人材管理には採用や配置、教育とともに報酬の体制を整えることも重要です。

社員のスキルに合った報酬の決定や、昇給制度を設けるのも有効な方法。

 

社員がモチベーションを保ち、自社の目標に向かって努力できるような評価体制を整えるようにしましょう。

人材管理におすすめなクラウドシステムはUMU!

適切な人材管理を行うならクラウドシステムを活用するのがおすすめ。

なかでもラーニングプラットフォームである「UMU」は社内に分散した知識や情報を共有することが可能。

 

またeラーニングによる学習から復習、学習スタイルの提案までをサポートしてくれます。

そのほかにも以下のような便利な機能が装備されているのです。

 

  • 最新のAI技術を活用した適切なフォローバック
  • 学習状況管理
  • 学習ログから的確な学習方法の提案
  • 共有した社内情報の検索・レコメンド
  • リマインダー機能

 

このように「UMU」には人材管理をサポートする機能が多数設けられています。

適切な人材管理を行うためにも、クラウドシステムを効果的に活用しましょう。

 

UMUの詳しい情報は以下のページでチェックしてみてください。

今すぐUMUをチェックする!

まとめ:人材管理で自社の目標達成までのスピードをアップする!

人材管理は社員を採用、配置するだけでなく、自社の目標を達成するための人材採用、育成も含まれます。

人材管理の方法は企業によって違うため、自社の目標や不足している人材やスキルを明確にし、適切な人材管理を行っていきましょう。

 

またクラウドシステムを活用すれば知識や情報の管理、eラーニングなどの教育、個人に合ったフィードバックが簡単に実現できます。

コストや労力を加味した上で、適切な人材管理を行っていきましょう。

UMUコラム一覧に戻る