【2022年3月16日リリース】OJTコース機能/Enterprise用招待リンク機能/学習時間管理機能

皆さまこんにちは!

ユームテクノロジージャパン株式会社カスタマーサクセスでございます。

 

本日は、3/16(水)にリリースされた3つの新機能についてご案内申し上げます。

各機能の詳細はAcademyコースよりご覧ください。

 

※UMU Academyは、いいねやコメントを残すことにより、

参加者同士のUMUプロフィールへアクセスできる場合もございます。

必ずご利用前に「ご利用にあたっての注意事項」をご確認下さい。

★注意事項:https://m.umu.co/session/article/5USHa3f7

 

新機能① OJTコース機能

UMUのOJTコースは、実際の現場指導をオンライン上で再現できるようにデザインされています。一度コースを作成すれば、異なる場所・異なるメンバーでもいつでも標準化されたOJTを実施することができます。

 

■OJTコース機能の3つのポイント

1.メンター管理機能で指導者と学習者のメンタリング関係の設定が可能

2.メンタータスクで適切で細やかなフォローアップが可能

3.OJTデータで、指導データの蓄積や分析が可能

▶︎詳細はこちら:https://m.umu.co/course/?groupId=218016&sKey=d4ca2b11a5d095ab1d8fa26697b2d7e4

 

 

新機能② Enterprise用招待リンク機能

企業や組織、学習プラットフォームへ個人ユーザーを簡単に招待することができる新機能「エンタープライズ用招待リンク」機能がリリースされます。

システム管理者が二次元バーコードまたはリンクを生成して共有するだけで、

個人ユーザーがスムーズにエンタープライズ学習プラットフォームに参加できるようになります。

個人アカウントの参加が「承認」されると、エンタープライズ学習プラットフォームが所持するアカウントが1人あたり1アカウント消費されますので、ご留意ください。

 

▶︎詳細はこちら:https://m.umu.co/course/?groupId=218024&sKey=fd24524709ccc9b4bb386674d0368ad1

 

 

新機能③ 学習時間管理機能

「学習時間管理」機能では、「最低学習時間」と「学習時間上限」の2つの側面から学習時間を管理することができ、学習者のタイムマネジメントを行うことで、より学習効果を高められる機能です。

 

  1. 「最低学習時間」機能「最低学習時間」機能では、セッションを完了するために必要とされる最低学習時間を設定することができます。この機能を設定することで、受講者は動画の倍速再生やスキップを行って学習時間を短縮化してしまうことを防ぐことができ、一定時間セッション学習に集中するように促すことができます。 
  2. 「学習時間上限」機能「学習時間上限」機能では、各コンテンツセッションにおける有効学習時間を設定することができます。※この機能はシステム管理者のデータ分析のための機能で、学習に対して変更や影響はありません。

 

▶︎詳細はこちら:https://m.umu.co/course/?groupId=218021&sKey=02829450e4d85f5ef0dbe775781c48f7

 

 

UMUはこれからも新しい機能を充実・発信してまいります。
新機能やアップデートの情報は引き続きブログやメルマガでお知らせしてまいりますので、どうぞお見逃しなく。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


私達UMUは、企業様向けに研修のオンライン化やリモート学習の無料相談会を毎日実施しております。
また、常に最先端のテクノロジーと学習情報をアップデートしておりますので、お困りごとや、追加で必要な情報のご要望などございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。


▼各種お問い合わせフォーム
https://umujapan.co.jp/sys/contact/

▼無料相談会の予約ページ
https://umucs.youcanbook.me
カイゼン・新機能一覧に戻る
  • まずはコレから!

    経営・人事戦略成功への道筋が分かる

    初めて資料3点セット

    資料3点セット

    AIデジタル学習プラットフォーム「UMU」の特徴や実績、UMUで実現できることがわかる資料です。UMUが提唱する、 成果を生み出す新しい学習スタイル「ブレンディッド・ラーニング」「パフォーマンス・ラーニング」、を理解でき、企業様の事例やユーザーのレビューもご覧いただけます。