【UMU新機能】ついに「ポジション/スキル管理」と「ラーニングマップ」機能が同時リリース!!ポジションやスキルに合った学習プランを簡単に作成でき、マップ表示が可能になりました(ビジネス版・エンタープライズ版)

皆さん、こんにちは!
UMUカスタマーサクセスです。

いつもUMUをご利用いただき誠にありがとうございます。

 

ついにUMUプロダクトチームとエンジニアが一丸となって全力で開発した新機能

「ポジション管理機能」「スキル管理機能」「ラーニングマップ機能」が同時リリースされました!

 

この3つの機能を組み合わせれば、あらかじめ設定したポジションモデルと比較・分析し、社員一人ひとりに合わせた学習プランを生成したり、

ラーニングマップを表示してキャリアプランニングを行ったりすることが簡単になります。

企業内の社員のポジションやスキル、評価データなどの一括管理の新しいカタチをぜひご体験ください!

 

 

1.「ポジション管理機能」で職位の管理が簡単になる

「ポジション管理機能」はシステム管理者のみアクセスできる機能です。

[バックグラウンド管理]-[組織管理] -[ポジション管理]からアクセスでき、企業内のすべての社員のポジション(職位)とグレード(職級)情報を入力し管理することができます。

 

 

「まとめて追加/訂正」ボタンをクリックすると、Excelファイルを使用してポジションとグレード情報の追加と訂正をまとめて行うことも可能です。

 

 

 

2.「スキル管理機能」でポジションや社員ごとに必要なスキルを管理

 

バックグラウンド管理内の左側に[スキル管理]のタブが追加されました。

権限付与とアクティベーションが完了しますと、システム管理者はこのタブから「スキル管理機能」に入ることができます。

スキル管理機能は、以下の4つの項目から構成されています:

 

1.スキルライブラリ

企業内のスキルやスキルモデルを設定できます。

まずスキルライブラリに、スキルに関するタイプやレベル、説明などを入力します。

 

 

2.ポジションに求められるスキル

特定のポジションに対して、スキルモデルと求められるスキルを設定することができます。
「ポジション管理」で設定したポジションと、「スキルライブラリ」で設定したスキルを紐づけることで、

該当のポジションに求められるスキルを設定することができます。

 

 

3.社員に求められるスキル

特定の社員に対して、スキルモデルと求められるスキル値を設定することができます。

各社員のユーザーアカウントと、「スキルライブラリ」で設定したスキルを紐づけることで、社員に求められるスキルを一人ひとり個別に設定することができます。

 

 

4.社員の評価されたスキル

定期的に社員のスキル評価を行うことで、学習やトレーニングの効果測定が可能となります。

組織内のスキルの変化に基づいて学習設計やコンテンツを見直しすることで、組織戦略や人材開発の効果をより向上させることができます。

 

 

 

 

どの項目も、画面内の[まとめて追加/訂正]ボタンより、[クリックしてテンプレートをダウンロード]からExcelテンプレートをダウンロードし、情報を入力する必要があります。

Excelファイルへの入力が完了したら、[Excelファイルをアップロード]から完成したファイルをアップロードすると、内容が反映されます。

 

 

 

各テンプレート内に詳しい入力方法が記載されていますので、説明に従って必要な情報を入力してください。

 

 

 

3.ポジション管理とスキル管理が終了したら「ラーニングマップ」の設定をしよう

 

「ポジション管理」と「スキル管理」の設定が終了したら、バックグラウンド管理内の左側に追加された[ラーニングマップ]のタブに移動します。

システム管理者はこのタブから「ラーニングマップ」に入ることができます。

アクティベーションが終了していない場合、ラーニングマップに関する情報が表示されます。

 

 

ラーニングマップ機能では、以下の2つに基づいたプランを作成できます。

1.スキル学習プラン:特定のスキルやスキルレベルの社員に対して、学習プランをカスタマイズできます。

2.ポジション学習プラン:特定のポジションに対して、学習プランをカスタマイズできます。

 

各画面の[まとめて追加/訂正]より、スキル学習プラン・ポジション学習プランの追加を行うことが可能です。

受講生にラーニングマップを共有する場合は、[受講生向けのリンクのコピー]よりラーニングマップにアクセス可能なリンクを取得し、共有してください。

 

 

4.「ラーニングマップ」を表示してみよう!

学習者はホーム画面に表示されている、ナビゲーションバー内「ラーニングマップ」より自分のスキルや学習プランを閲覧することができます。

※ナビゲーションバーに表示するには、事前に管理者側での設定が必要となります。

バックグラウンド管理->ホームページコンテンツ->コンテンツスタイルより、ナビゲーションバーの設定を行ってください。

 

 

 

ラーニングマップのホーム画面では、現在の自分のポジションや求められるスキルと評価スキルの比較、お勧めの学習プランなどが表示されます。

右上の[グレード順序]をクリックすると、現在のポジションをグラフで確認することができます。

 

グラフで自分の現在の立ち位置を可視化できるので、より一層キャリアプランニングを立てやすくなります。

 

 

なお、スキル管理機能とラーニングマップ機能は追加サービスとなり、

使用の際に権限付与とアクティベーションが必要になります。

実際のデモや、運用イメージなど詳細をお知りになりたい方は担当営業又はcs@umu.coまでお問い合わせください。

 

 

UMUはこれからも新しい機能を充実・発信してまいります。

新機能やアップデートの情報は引き続きブログやメルマガでお知らせしてまいりますので、どうぞお見逃しなく。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 


私達UMUは、企業様向けに研修のオンライン化やリモート学習の無料相談会を毎日実施しております。
また、常に最先端のテクノロジーと学習情報をアップデートしておりますので、お困りごとや、追加で必要な情報のご要望などございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。


▼各種お問い合わせフォーム
https://umujapan.co.jp/sys/contact/

▼無料相談会の予約ページ
https://umucs.youcanbook.me

 

 

 

カイゼン・新機能一覧に戻る
  • まずはコレから!

    経営・人事戦略成功への道筋が分かる

    初めて資料3点セット

    資料3点セット

    AIデジタル学習プラットフォーム「UMU」の特徴や実績、UMUで実現できることがわかる資料です。UMUが提唱する、 成果を生み出す新しい学習スタイル「ブレンディッド・ラーニング」「パフォーマンス・ラーニング」、を理解でき、企業様の事例やユーザーのレビューもご覧いただけます。