【マイクロラーニングのすべて】活用法、導入事例をまとめました。

マイクロラーニングは、コンパクトなコンテンツを組み合わせた学習手法で注目を集めていますが、その意味や有用性はまだまだ世の中に十分広まっているとは言えません。

そこで様々なクライアント様での導入事例が豊富なユームテクノロジーが、
マイクロラーニングの意味、活用方法、企業での導入事例までご紹介します。

1、マイクロラーニングって?

マイクロラーニングの一般的な定義はまだ厳密には出来ていません。

しかし弊社代表松田が理事を務めるマイクロラーニングの普及を目的とする団体、マイクロラーニングコンソシアムで以下に定義づけしました。

「テクノロジーを活用し、マイクロコンテンツを通じて知識や行動を定着させる手法」

弊社が提供しているサービス『UMU』に当てはめれば、スマートフォンなどで、例えば一単位5〜15分ほどのアクセスが容易なコンテンツを通じて、小さな単位ごとに学習をすることです。

ではどうしてマイクロラーニングという考えが生まれたのでしょう。
それは、社会変化が非常に早い最近の状況で、

これまで行ってきた研修、企業トレーニングが陳腐化してきているためです。

これまでは研修といえば、
一か所に受講者を集めて集中的に1日かけて同時に行うものがスタンダードでした。
しかし、受講者もこういったスタイルの学習が非効率であることに気付きつつあります。

その理由の一つが、YouTubeなどの動画サービス、
その他英会話アプリやスタディアプリなどで
より効率的に時間を活用し学習することに慣れているためです。

そもそも学習動画は4分以上は集中して見られないと言われています。

濃縮されて効率的なコンテンツに慣れている受講者の視点でいうと、
世の中にこんなに効率的に学べるコンテンツがあるのに、
なぜこんなに無駄が多くて非効率な研修(eラーンングも含めて)を
受けなくてはいけないんだ、という不満が膨らみます。

また一方では研修に時間をかける余裕が企業から失われていることも一つです。
かつては入社後にしっかり研修を行う余裕がありました。
しかし今では業務が忙しすぎて一日中研修に人を送り出す余裕がなくなっています。

こうした背景もあり、従来の研修はほとんどがレガシー化しつつあります。
すなわち、研修が業務に直結しなかったり、
もはや集まることを目的としてしまっているケースです。

研修のコンテンツに関しても、昔は一つ研修を作っておけば5〜10年使えたものの、
今は法的なものもコンプライアンスについてもどんどん時代が変わっていくので、
一つを作り込んで長く使う形式のコンテンツでは追いつかなくなっています。

もっとも、動画(eラーニング)の活用だけがマイクロラーニングではありません。
マイクロラーニングが動画を短くすること(eラーニングを短くするイメージ)
そこから始まったのは確かです。

しかし、

今では動画だけでは効果がないということがわかってきました。

例えば製薬会社様の例でいいますと、MRさんに新薬の情報提供をしようとするなら、
動画よりもA4の紙に情報をまとめた方が定着率が高いことが分かっています。

他にもクイズ形式を取り入れることも効果的です。
このように様々な手法を組み合わせてコンテンツを作成することで
学習効果を飛躍的に高めることが出来ます。

2、マイクロラーニングを導入する効果って?

マイクロラーニングには様々な恩恵があります。
まず導入する会社側のメリットとしては、

・短い時間でポイントを押さえた学習をさせることができる。
・必要な学習をすぐに受けさせられる

というものがあります。

受講者側としては、

・隙間時間に手軽に学べるのでモチベーションに繋がりやすい
・知りたいときに知れるのでパフォーマンスにも繋がりやすい

また企業で研修を作成する教育担当者にも恩恵があります。それは、

・社会状況が急激に変化し、新たに研修を作成する必要があっても対応が可能

一から作り直す時間がない場合、例えば最近のように新型ウイルスが蔓延し、
リモートワークの心得を作成する必要がある時にも、
マイクロラーニングなら一部分だけ簡単にプログラムを作ることができます。

・費用対効果としてもeラーニングより見る人が増えます。

・学習環境の面でも、支給しているスマートフォンだけで学習が完結します。

ユームの開発者のメッセージとして

『Use Smart phone to be smart!』

があります。

スマホをもっと学習に取り入れようというメッセージです。
これだけ人口に広がっているスマートフォン。活用しない手はありません。

もっとも集合研修など従来の研修が全く無意味な訳ではありません。
基本的に集合研修はどこでも行っていただいています。

大切なのは、
研修が終わった後に毎日マイクロラーニングを受けていただくことです。

新入社員の方は覚えることが多すぎてそのままでは知識を取りこぼしてしまいます。
ですからマイクロラーニングで復習する機会を設けることが重要なのです。

現場配属後に一日15分ほどユームで勉強する時間を取っている
クライアント会社様も多くいらっしゃいます。

3、導入されているシーン

マイクロラーニングの導入で多いのは、従来のeラーニングの置き換えです。

例えば、従来は1時間の動画+クイズがあるだけだった研修を、
1時間の動画をもっと項目ごとの細切れにして、
さらにその後の現場の変化に合わせてコンテンツを追加したりする方式などです。

実際にエプソンチャイナさんのケースですと、

製品のサービス商品開発担当者がスマホを使って新しい製品の特徴を説明し、
朝の8:15にマイクロラーニングでクイズ方式で配信します。

ここで営業の方は商品について一斉に説明を受けてクイズに答えるシステムです。

また今まではここまででしたが、コンテンツが進化して、

現場で営業に行ってクライアントから得たフィードバックを
製品開発担当に返すという手順も加わりました。

こういった活用ができるのがマイクロラーニングです。

4、マイクロラーニングを導入して成果が上がった具体的な事例

とある大手スーパーチェーンさんのケースです。

こちらでは元々社員にしかコンプライアンス教育しか行っていませんでした。
というのも、それまで満足に研修を行える人材を
各所に配置することが出来なかったためです。

そこでマイクロラーニングを導入して、業界理解、コミュニケーションスキル、
マナーなど100に渡るテーマを用意しました。

これによりこれまで学習機会を得ることが難しかった現場のパートさんも研修を受けられるようになりました。

その結果、パートさんの平均知識を高めることができました。

他にもとある製薬会社では、クイズを毎日3問出し、
一日ごとにレベルを上げるという方式を採っています。
これは毎日少しずつ質を変えることで、定着度を上げることに貢献しています。

UMUのシステムを使えば間違えた問題を記録しておいて、
間違えた問題だけ何度も出題することもできます。

また社内でランキング形式にすることで、学習モチベーションを引き上げる施策を行なっている企業様もあります。

5、マイクロラーニングの導入にUMUが最適な理由

マイクロコンテンツとして、
2~3分の動画を作成すること自体はそう難しくありません。

しかしそれをストーリーとして、

一つの研修として体系化してマイクロラーニングを実現することはUMUにしかできません。

UMUで使用できるコンテンツ一覧

私たちはマイクロラーニングのテンプレートを多数用意していますから、
お客様に最適なものを選んでいただけます。

また、ただテンプレートをご用意して当てはめるだけではありません。

お客様には導入コンサルティングを必ず受けていただいています。

例えば、理論的にいつ動画を見せるのが最も学習効果が高いのか、
クイズを挟むタイミングなどはいつが最適なのか、など
マイクロラーニングを運用する方法までもお伝えしています。

お客様に最適なシステムの提供、そしてその最適な運用方法コンサルティング。
これがユームのサービスであり、ユームが選ばれる理由です。

これまでの研修を変えましょう。ご相談はユームテクノロジージャパンまで。
お問い合わせはこちら

UMUの詳細はこちらをご覧ください

新着情報一覧に戻る